2006年11月17日

世界遺産を見に行こうF〜ついに白川郷〜

さぁさぁ、いよいよ今回の旅のメイン白川郷です!!!

本当は高山ももっと時間をかけて観光したかったんだけど、
朝市も満喫したし、そう欲張りも言ってられないので、
バスで白川郷へと向かいます。
  2006.11takayama 002.jpg 2006.11takayama 038.jpg

正直、旅行前は白川郷のことで頭がいっぱいで、
そこまでのルートの楽しみなんて、全然考えてなかったんだけど、
綺麗な御母衣ダムや、そのダムに沈んだ寺から移植したという荘川桜、
埋蔵金の伝説の残る帰雲城とその城下町を一瞬にして飲み込んだと言われる、
天正大地震の地崩れのあと。

もちろん、私はバスだから、通り過ぎることしかできなかったけど、
自分の車だったら確実に立ち止まってるはず。
ずっと昔から続く歴史の重みって、
それだけで、いろいろな事を考えるいいきっかけになる気がします。

そんな事を感じながら、バスはどんどん山の中へ。
高山から約2時間。白川郷へ到着です。

バスは合掌造りのお土産屋さんが並ぶ駐車場へ到着。
であい橋を渡った先が白川郷集落です。
2006.11takayama 080.jpg

ぞろぞろとアリの行列のように橋を渡って他の観光客の方々と集落へ。
そこは、昔と今と、生活と観光と、
対照的な物が混ざり合う不思議な空間
まずは約230年前に建立されたという合掌造りの寺、
明善寺が出迎えてくれます。

2006.11takayama 068.jpg
テレビとかで合掌造りの家は見たことがあったから、
そのイメージは簡単にできるけど、
合掌造りの鐘楼門は初めて!!!
すごく新鮮でした。


迷宮に迷い込んだような感覚の私は、その全体像を見るべく、
とりあえず、集落から15分程山道を登った所にある、
萩町城跡展望台へ。
その山道の感じが、私の実家の近くの道の感じにすごく似てて、
本当に子供に返ったような気持ちになりました。
展望台から見た集落は、本当にミニチュアの世界みたい。
私はどんどん迷い込んでいくような不思議な感覚を感じていました。

2006.11takayama 076.jpg
posted by sunsun at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ世界遺産「白川郷」ですね〜
このつり橋。
「であい橋」っていうんですか。
高所恐怖症の自分にとっては、とてもムリって感じです(汗)
ここを渡らないとダメなんですよね〜
合掌造りの鐘楼門って、不思議なイメージです。
Posted by heyzoh at 2006年11月19日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27703564

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。