2007年01月08日

初詣の旅A〜伊豆山神社〜

「熱海駅」から『伊豆山神社』へはバスで約7分。
バス停から119段の階段を登った高台に神社があります。

2008.1熱海 034.jpg  2007.1 001.jpg


この階段、途中、道路で途切れてはいますが、海岸からずっと続いていて、
海岸からだと600段以上にもなるとの事。
さすがに600段はきついので、私は途中からです。
ちなみに、神社のすぐ脇まで車で入れるようになってたので、
階段を登らないでも行けるようになってます。

2008.1熱海 002.jpgさてさて、途中で休憩を取りつつ階段を登って行くと、
大きな丸いしめ縄(?)がお出迎えしてくれました。
私の前を歩いていたカップル。
勝手に写真を撮ってしまいましたが、
丸い輪の中に仲良く納まってて、素敵。
私も輪をくぐって、いざお参りです。



2008.1熱海 008.jpg縁結びで有名な神社という事ですが、
鮮やかな赤の社殿に、紫の幕(?)がとっても綺麗で、
確かに、恋愛に良さそう〜、なんて一人で納得しながら、
私も、いい歳なので、しっかりお願いしてきました。



『伊豆山神社』
 所在地:静岡県熱海市伊豆山708-1
 交 通:熱海駅よりバス・伊豆山神社前下車徒歩15分
 御祭神:火牟須比命(ホムスビノジコト)伊邪那岐命(イザナギノミコト)
     伊邪那美命(イザナミノミコト)
 御神徳:縁結び、夫婦円満

 源頼朝が伊豆に配流され、一時、身をひそめたところであり、
 また妻・政子との忍び逢いの場でもあったといわれている。
 頼朝は、伊豆山権現に詣でその戦勝を祝したことから、
 以来鎌倉時代将軍の信奉が厚く、関東総鎮守として、
 戦勝祈願の杜として尊崇されたという。
 境内にある神木椰の木の葉は、男女の縁結びにご利益があるといわれ、
 政子が鏡の下に敷き頼朝との愛を祈ったと伝えられることから、
 この椰の葉を鏡の下又はコンパクトの中に入れておくと、
 良縁が結ばれるといわれている。
posted by sunsun at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年早々「初詣の旅」って、いいですね〜
天気もよかったですし
(って、2日は伊勢は雨降りました・・・)
続きも楽しみにしてます〜
Posted by heyzoh at 2007年01月10日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31095482

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。